アンドンビリー
     

モロンベから北東?に進むこと1時間半〜2時間。

アンドンビリーとゆう小さな村が大事に守っているバオバブがいる。

もちろん見るためには村人の許可と神聖な儀式が必要になる。

村に行くには、また砂漠の道を進む。

そのまま進めばチュリアーラへ続くとゆう大きな国道を

ひたすら進んで、途中で左折した。チュリアーラからずっと

ステファンとゆう21歳の子がドライバーだったんだけど、

そうゆう場所でも必ずウインカーを出す子だった。

ワタシがちょっと弱っているのを知っているので

とても慎重に運転してくれた。

途中いくつかの村を過ぎて、バオバブハウスと呼ばれる

中が空洞のバオバブ。チュリアーラから一緒のガイドのタンテリーは

ワタシが持参したメジャーで測るのを楽しんでくれて、この頃には

「Abut,,,,12M」と言ったりして、それが結構良い線行くようになっていた。

タンテリーとは歳も近かったので、とても良くしてもらった。

目的地の途中でも、気になるものを見つけて質問すると

車を停めてくれて、説明してくれる。

これは蟻塚で、道のあちこちにあった。

容赦ないタンテリーは思い切り蹴って、蟻塚の中を見せてくれた。

たくさんたくさん壊すので「もう満足だから」と止めた。

アンドンビリーの村に到着。

村人と話をして、みんなでバオバブまで行く。

これは村の入口にある、バオバブ。

これだけでも17M40cmある。

このバオバブは結構お気に入り。村の仲良し姉妹?が

根元に立ってくれて 笑ってくれた。

とてもかわいい、そして美しい。

象の脚、とも呼ばれる。

さかさまの木、とも呼ばれる。

村から車で5分くらい、

「ツイタカクイケ」と呼ばれるBigbaobabu。

ここでモロンベの食堂で買っておいたお酒とタバコを奉納する。

一応,基準の根元から1.3M高の幹周りを測ると27Mとちょっと。

そしたら村人がそんなことない、もっとコブのところを測れ、と

ゆうのでかなり高い位置で計測、、。ま いいか。

太いのでなかなか戻ってこないので「おーい」て叫びたくなる。

帰り道、「妊婦バオバブ」と呼ばれるバオバブを見る。

全然予定ないけど、一応ご利益に触っておく。

この付近で夕焼けを見るために2時間くらい待つ。

12Mくらいの名も無いこのバオバブがこの旅で一番のお気に入り。

5日間くらいずっと一緒だったタンテリーとステファンと

4人でジャンプ!全部失敗だったけどね。

バオバブブラザースと呼ばれる3本のバオバブ。

夕焼けが大きくて赤すぎて全てがピンクに染まる。

なんか 瞬刻に色が変化するので

いっぱい撮っちゃいました。

もちろん陽が落ちると真っ暗で、街頭なんてもちろんないので

ステファンは大変だったと思う。

夜は疲れたので夕飯を食べず。

NEXT::::::::::Top