信玄堤
     

信玄堤のケヤキ エノキ

信玄堤とは武田信玄が甲府盆地を水害から守るために築いた堤防で

それにともなって水防林も造林された。かつては竹林もあったみたいだが現在では

ケヤキ、エノキの林になっている

釜無川沿いにはサクラも植えられていて四方に山々が見え、春には最高のロケーションとなりそう

驚くほどの巨樹は無いけれど(最大4.2M)水害の傷跡の残る巨樹がいたりと

歴史を感じる場所になっている

ウォーキングやジョギングする人々や家族連れなど、気軽に巨樹を散策出来る場所です


R20を甲府昭和I.C.で降りたら八ヶ岳方面へ、旧竜王町の釜無川沿いになる 駐車場もあり

TOP