白神山地
     


2010.7.青森県に行ってきました

ブナの原生林を見よう、と思い立ち白神山地へ行ってきました。

たくさんブナも見られましたが 本格登山を避けたので

あまりたくさんは見られず。。もう少し体力つけて行こうと思います。

基本的に時間に追われる旅は苦手なのですが、、、

でも五能線の旅も結構楽しかったです。

白神山地で有名な一本、マザーツリーです。

幹周り4.85M 樹齢約400年

根元保護のために欄干が設けられています。少し残念。

津軽峠から舗装された道で5分くらいなので簡単に行けます。

巨木ふれあいの道とゆうコースを行きました。緑が濃くて気持ちが良かったです、

埋もれてしまいそうでした。

おおきなフキが行く手を阻み、鎌が必要でした。。

日本の巨樹巨木サイトの掲示板におすすめコースを聞いて、暗門の滝 駐車場に

無名のカツラがあると聞いて、探しました。

ありました。大きすぎてしばらく近寄れませんでした。

ここではしゃぎすぎて 暗門の滝は第二の滝までしか行けず、タイムアウト。

バスを乗り過ごしたら 明日までないので仕方なく。

五能線はリンゴです。
北金ケ沢駅で降りて「日本一のイチョウ」を見てきました。

このイチョウの子ども孫ひ孫も混じってこの大きさなのか。。

それにしても こんもりとしていて裏に廻ったら全くみえません。

イチョウを探して迷っていたら対岸に遠くからみてもひと際大きなスギがいました。

偶然出逢ったのですが、その対岸に行くのがとても大変でした。

線路が渡れず目の前にあるのに迂回して廻って40分くらいかかりましたね。。

たどり着くのに時間を要したからか、はわかりませんが 本当に素晴らしいスギでした。

荒々しくて力強くて、写真ではわかりづらいですが もっと赤茶い色をしていました。この高台からみる日本海もすばらしくて、もっと居たかったのですが、五能線は待ってくれないので泣く泣くさようならしました。

スギはたくさん会いましたが、やはりそれぞれ違う魅力があります。 また 会いたい一本です。

岩場に海、少しの緑に白い花、、。

フランスみたい(知らないけどね)

五能線沿い深浦町に泊まった宿の近所に会ったヤナギ。水のなんたら、て書いた神社にいました。

ヤナギもカツラ同様 水に縁のある木です。こうやって偶然出逢う木もあり、旅は楽しいです。

最後に、十二湖でスケッチしてきました。その中に左のおおきなハリギリに会いました。

十二湖の青池は本当に青くて、ブナの倒木が沈んでいるのが見えます。

白くて白骨のようで。

そして いつかまた新たなブナが倒れてこの中に沈んでゆく、、。

当たり前のサイクルなのかもしれませんが、美しくて残酷で

しばらくその場を離れられませんでした。


Top