富山 高岡、氷見
     


2015.4.富山へ行ってきました

約10年前に友人が結婚して富山に行ってしまいました(当時の記事

夏に遊びに行って、日本一の椿に出逢いました その頃から花の咲く時期に行きたいと

ずっと思っていまして、10年ぶりに富山県高岡市へ行ってきました

再会した樹、また新たに会えた樹、楽しかった


日本一のイチョウ(雌株)上日寺 氷見市

樹齢1000年以上 幹周り12M 樹高?M 国指定天然記念物

ちょうどこの日がお祭りだったようで、屋台が並んでいました

相変わらずの大きさです、垂乳根もたくさん。

前回来た時よりも根周り近辺が迫力増してた気がしました


西海老坂神明社の大スギ


樹齢? 幹周り6.9M 樹高30M 高岡市指定天然記念物

ナビに入れてもどうしても見つけられなくて ふと見た山に急な石段があって

「あそこだったら嫌だね〜」とか言ってたらそこでした。

神社にはもう一本大きな杉が居たらしいのですが、倒壊の危険から

数年前に伐採したそうです。真下から見てるとその枝だけでも

太くて怖かったなあ〜 市内随一の杉の巨樹だそうです


老谷のさしまたのツバキ


樹齢500年 幹周り3,89M 樹高7M 県指定天然記念物

その昔、氷見、池田城に仕えていたある武士が、無実の罪で打ち首になった。

この武士の妻は、夫の死後、子どもを連れて老谷の里へ帰ったが、悲しみのうちにまもなく亡くなった。

ところが一族は村の墓地に埋葬することは許されず、池田城を見渡せる山腹に埋葬され、

墓標の代わりに赤いツバキの木を植えて弔った。

このような言い伝えのあるツバキでヤブツバキの中では群を抜いて日本一の巨樹。

開花〜散るまで1ヶ月近く、徐々に咲いていくらしいので散った花もたくさんだったが

咲いている花もたくさんだった。4月中旬に行ったので、3月中なら雪の中だったかな。。

雪の上に大輪の赤いツバキがある様は見てみたいけど、

かなりの山の中なのでたどりつけなさそうだな



2本のツバキが寄り添うように立っていて、まるでアーチのようになっている

中に入ると雨も防げるくらい  幻想的です



会いたい樹は世界中にたくさん居て、違う季節に行きたい場所もたくさんあって

このツバキのように10年ぶりに念願の花の季節に来られたことは本当に嬉しい


他には切り株になっていた巨樹が何本か。。。

タイミングですね

山梨からは松本で降りて安房峠をひたすら氷見方面目指しました

峠の頂上が雪景色で寒くて焦りました(ノーマルだったので)

あしあと