早川町
     


早川町は静岡県に近く、県内の国道からは遠い山奥の町のため、

明野からは相当な時間がかかりました。

町の奥地にある奈良田温泉は相当な秘境で、秘湯になります。

(なのに時間の関係で温泉は入れなかったけど。。)

町役場近くを山に入ると「赤沢宿」とゆう旧宿場町があります、今はほとんど営業されていない宿が

建築保存地区のために残されている、、、ヒトの気配の少ない集落なのに立派な宿場町が突如現れます。

なんか どこへ行っても迷い込んだような気持ちになる町です。県内も広いとゆうことですね。

湯島の大スギ********

樹齢1200年 幹周り11.1M 樹高45M

崖淵にいるため、本当の幹周りはもっと太いと言われているようで。(目通り付近に地面と密着)

とにかく ここに行くまでの道程が結構怖かったので ここに着いてあまりの迫力に本来なら近寄りがたいのですが ホッとして根元でしばらく休んでいました。

紀州熊野から苗木を持ち帰って植えたとゆう伝承あり、県内のスギとちょっと雰囲気が異なる。

もう一度逢いに行きたい一本。

山梨3大スギの1本。一番太い。

R52旧中富町より旧早川町にはいる、役場を過ぎて早川沿いを1時間ほど、山王神社。本当に不安になるトンネルがあったり。

京が島の夫婦スギ*****

2本とも大きくて、遠くからでもすぐわかりました。整然としていて 大事にされているのが伝わってきます。

同じ町内の湯島のスギとは全く印象が違います。甲州弁で「こぴっとした」(すっきりとした?)印象とゆうみたいです。


R52から早川町方面へ入り、草塩温泉へ続く橋を渡り すぐを川沿いに右折。部落に入って正面に大きいので見えてきます。



西の宮のサイカチ**

幹周り2.15M樹高10M(看板有り)

多分樹高は10Mもないですね。

そして 可哀想なくらいの荒れようで、、。

ここの他にも早川町指定文化財の大アラカシとゆう看板もありましたが、行くまでの道のりが崩落。。

町情勢もいろいろあるだろうけど、

ちょっと可哀想な樹たちでした。


京が島夫婦スギから10分くらい。道沿いに看板が出ていますが 荒れ放題の草むらにサイカチが見えづらいです。

あしあと